インターネット上での誹謗中傷対策

現代ではインターネットの普及に伴い、様々なサービスが導入されており、その一つにSNSがあります。いろんな人たちと交流を持てるという魅力を持っていますが、それゆえに問題も抱えており、その一つが誹謗中傷です。今回は誹謗中傷対策について述べたいと思います。

お互いの顔を知らないがゆえに、恐れず誹謗中傷のコメントも送る人がいて、精神的にまいってしまう人が多くいます。しかしめげずに、対策を考えることが大切です。第一に、そのSNSの運営センターに通報してください。運営のほうからしっかりとした忠告、または利用サービス停止といった対策をとってくれますし、自分からコメントブロックするだけではほかの人も誹謗中傷されることが考えられます。また、一人が誹謗中傷しだして、関係ないほかの人もつられて言い出すことがあります。そんな場合は、きっぱりサービスをやめてしまうというのも必要です。

自分だけでなく、周りの人のことも考えて行動するのが大切だと思います。

道路状況と交通事故の関係について

悲惨な状況を招く交通事故に遭わないための注意点はたくさんありますが、ここで道路状況と事故の関係について考えてみましょう。

晴れた日の見晴らしのよい道路では快適に運転することが可能でも、天候が変わり、雨や雪が降って路面が滑りやすくなると、ドライバーに緊張が走ります。その走行をより安全なものとするためには、日ごろのタイヤの点検にも注意を払わなくてはなりません。タイヤの溝が減っていれば危険なので、早急な交換が必要です。

また、夜間の走行では、いきなりライトの前に人があらわれて、ヒヤッとした経験をしたドライバーも多いことだと思います。夜間、特に路上に歩行者がいる可能性があるようならば注意が必要です。

また、自転車にも同じことが言えます。自転車がいきなり車の前を横切ってくれば、昼間の道路であれば気づいても、夜間ではその様子は見えにくいので、自転車を見かけたら徐行を心がけることが大事です。

いかなる道路状況であっても事故を起こさないようにするためには、歩行者、ドライバー両方の意識が高さが求められます。